カリナン・ダイアモンド標本

本物のカリナン・ダイアモンドの大きさカット面をクリスタルガラスで全く同じに作成した標本です。

これまでに発見された宝石質ダイアモンドの中で最大であるこの石は3.106ct(621.2g)の重さがあった。プレミア・ダイアモンド鉱山(南アフリカ共和国)の開発者であるトーマス・カリナンの名を取りカリナン・ダイアモンドと命名されたこの原石、露天掘りの穴の崖から少し下の位置で鉱山監督のフレデリック・ウェールスによって1905年11月の夕暮時発見された。ウェールスは当初いたずらによってガラス塊が埋められているものと思ったという。この原石はトランスバール植民地政府に買取られ、さらに同政府は1907年11月9日イギリス王エドワード七世(1841〜1910)の66歳の誕生日に献上された。又、イギリスに送られる時にはなんと125万ドルの保険が掛けられたという。国王はこの原石を加工のためエクセルシア・ダイアモンドやその他の大きな石をカットした事のある、アムステルダムの有名なアーシャー・ダイアモンド社にカットを委託した。この巨大な原石のカット設計に数ヶ月の研究がなされ、1908年2月10日午後2時45分ついに、ヨセフ・アッシャーはクリバーズ・ナイフを当てて重いステックを一回打ちおろした。しかし、なんと石は割れずナイフが折れたという。二回目の試みでは計画通りクリービングが成功、その後の作業により9個の大きなカット石と、96個の小さなファセット・カットと9.5ctの原石が得られた。この9個のカット石は現在イギリス王室の財宝の中にあるか王室の個人所有になっている。

◆カリナン第1(530.20ct)梨型カット
 世界最大のカットダイアモンドで、グレート・スター・オブ・アフリカと呼ばれエドワード王の王笏にセットされた。現在、ロンドン塔の中に陳列されている。
◆カリナン第2(317.40ct)クッション・カット
 世界第2のカット・ダイアモンドで、インペリアル・ステート・クラウンの正面にセットされ、現在王室財宝の一つとして、ロンドン塔に陳列されている。
◆カリナン第3(94.40ct)梨型カット
 クイーン・メアリー・クラウンの頂点にセットされ取り外してカリナン第4と共にペンダント・ブローチとして着用することができる。メアリー女王の肖像画の多くに、これら2つの宝石を付けているのが見られる。
◆カリナン第4(63.60ct)角型ブリリアント
 クイーン・メアリー・クラウンの飾環の前面に付けられていたが、取り外してペンダント用宝石として用いられている。
◆カリナン第5(18.80ct)ハート型
 初めはメアリー女王のためのブローチにセットされた。その後、クイーン・メアリー・クラウンの飾環に付けられた。
◆カリナン第6(11.50ct)マーキ−ス・カット
 初めエドワード王が王妃のアレクサンドラ女王に贈り、現在エリザベス2世女王によって、エメラルドとダイアモンドのネックレスのドロップ石として用いられている。
◆カリナン第7(8.80ct)マーキース・カット
 すべてが小さなダイアモンドからなるブローチの下げ石にセットされている。
◆カリナン第8(6.80ct)長角ブリリアント・カット
 カリナン第7と共にブローチの中心にセットされている。又、このブローチは現女王が使用している。
◆カリナン第9(4.39ct)梨型カット
 メアリー女王のために作られた曲がり爪の指輪にセットされている。
販売価格
73,440円(税5,440円)
購入数